後になってわかること・・・・・
e0097139_16314157.jpgまだ若い、10代の頃の恋愛もそうだったけど・・・

”別れ際”になって初めて、その相手の本質が、
見えたりする。。

そして、転職時とかには・・・

今まで特に仕事以外ではお付き合いも無かった方から、実は「とても好意を持たれていた。」と言うことがわかったり、

逆に、自分も「好意を持っていた」し、相手も「好意を持ってくれている」と思っていた相手が、そうでは無かったの?と、「あれ?」っと思ってしまうこととか、、

私は、二度ほど、転職したことが有るので、そういうこと いくつか経験あるけど、

夫は、今回の転職が初めてなので、「退職願」が受理されてから、色々とそういうことを経験している時期みたい・・・・・
まだ、一部の上司しかしらない段階らしいんだけど、直属の上司はもちろん、それ以外の上司の方々から呼び出されて、「辞めないわけにはいかないのか」と説得されたりしていて。。

『俺がどうにかしてやるから、もう一度考え直せないのか?』と言われたりしているらしい。。

そして、「まだどこの会社にもコミットしていない。」ことにしているので、
直属の上司に、とても心配されてしまい、思わず、
「いざとなったら、嫁(私)と、チャー・クィティアオ(マレー料理で、きし麺の焼きソバみたいなもの)屋か、チキンライスの店でも出して頑張りますから、心配しないで下さい」と言ったらしく・・・
(私は、「えー?!やだよー。」と言ったら、
「例え話だよ」と言うので、「もっと違う例えにしてよね」っと。(笑)
と言うか、そんなことを言ったら、余計に心配されちゃうと思うんだけどぉ~(>_<))

そして、ある上司には、
『おまえ、○○さん(今は、相談役になっている上司)には話をしてへんのやろ? 
○○さんに、おまえを 「引き止めたんですか?」と聞いたら、
”おまえから何も話が無い”と怒っとったぞ』(←関西出身の上司なのでこういう話し方?)と
言われたので、

半ば「仕方ないな」と言う気持ちで、○○相談役の部屋へ行くと、

「まぁ、座れ」と、とても穏やかに話し出し、(怒ってた。と聞かされていたので、きっと怒鳴られはしないと思うけど、そういうテンションなのかと思っていたから、ちょっと拍子抜けして)、
「もう決めたことなら仕方がないが」と経緯や事情を求められて、
「そうか。」と・・・「もっと早く相談してくれてたならな。。」
どの部下に対しても同じ気持ちで、もしかしたら同じことを言うのかもしれないけど、
「君には、会社の将来を担ってもらうべく、帝王学を学んで欲しいと言うオーダーで、社長に
人事を一任してしまい、申し訳ないことをした。」
「他で働きたいと言うのなら、『頑張れ』としか言えないが、それでも、
君がどこかで経験を積んで、大きくなってまた戻って来てくれる。と思うことにする」
「でも、これから君が望むのなら、ローカルtermになるが、向こうで働ける様に尽力しよう」とも言われて・・・

しばし、「早まったのかな」・・・・・
結果は同じことになるにせよ、少なくとも、
今回のことを決める前に、その上司に相談すべきだったのだろうな。と、思ったらしい。。

その上司とは、仕事上では色々ともめたり、時にはつぶされたりもしたけど、
結局のところ、「一番、自分のことを考えていてくれていた」のではないか?と思った。って・・・

そして、本当に会社を辞めるんだ。と言う実感がわいてきたと同時に、
少しの後悔みたいなものも感じたらしい、、。

でも、そういう気持ちは、とても大切なんだと思うよ。。

これから先、万が一何か壁にぶつかったり、行き詰る様なことがあった時、

そのときの自分の、そしてその方の、その気持ちを思い出して、
また、頑張ることが出来ると思うし、

その方(たち)の為にも、「頑張らなくては」と思えると思うから・・・・・・・
by orchidgirl | 2007-07-24 18:08 | My Diary


<< 連続~日?! recently ・・・ >>