Blood Diamond<ブラッド・ダイヤモンド 2006年・英>
e0097139_15515311.jpg
ダイヤモンドを購入する際は“4つのC”をチェックすることが大切だと言われる。
color(カラー)
cut(カット)
clarity(透明度)
carat(カラット)
しかし、私たちがチェックすべきCが、実はもうひとつある。
それは、CONFLICT(争い)の、「C」――。

      ―― 以上、 映画パンフより 引用――

この映画を観るまで、【紛争ダイヤ】の存在はもとより、その言葉さえ知らなかったし、
キンバリープロセス(協定)】と言うのも聞いたことも無く、そういう協定が在ることさえも知らなかった。(日本が導入をしたのが2003年と、とても遅れてる)
(そして、多くの血や大切な命とひきかえにやっと結ばれたその協定でさえ、実際には、市場に出回っているダイヤの量と書類上の数字があっていない=機能していない。現実があるということも。)
 

予告編を見て、アクション主体の映画かな。と思ったけど、社会派の部分と上手く融合させてあり、中々見ごたえの在る映画でした。

以前、チェンマイのホテルのライブラリでDVDを観て、ショックを受けた、【ホテルルワンダ
字幕が無かったので、難しく、映像だけで伝わってくるものがとてつもなく重く、そして、疑問が沢山残っていたので、日本公開後、日本語字幕でもう一度DVDを観てみたものの、なぜ?こんな抗争が起き続けてるのか?が(不勉強で恥ずかしながら)、わからなかった。

それが、この映画【ブラッドダイヤモンド】を観ることによって(そのほんの断片に過ぎないのだろうけど)、「問題の根本がわかった。」と言うことだけでも、私にとって観る価値があった映画。

※ネット検索でみつけた【紛争ダイヤ】についてとても詳しく書かれていたサイト(メルマガ)
お茶の間から世界を変えよう】←映画のパンフよりも詳しく判りやすく書いてありました。

ブラッド・ダイヤモンド】←公式サイトリンク

観終わって、「もうダイヤモンドは買わない」と思ったものの。(どこのダイアモンド会社がモデルなのか?気になり調べて、絶対にここのは買わないわ!・・・この会社だけでは無いのだろうけど)
歯医者で使ってるタービンポイントなどの工業用ダイヤモンド、レコードの針などもそうだし、今やダイヤモンドは、一般生活の中ではかかせないもののひとつである。と言うこと。
そして、 ダイヤモンドに限らず、ゴールド・石油・象牙・・・etcも同じ問題をかかえてる。ということ。
そして、そのどれもが今の現代社会で必需品になってしまっているということ。などに、多くの問題(と矛盾に)があることに、あらためて、ショックを受けた。


e0097139_16304090.jpg
この映画のディカプリオの演技、とても良かったので、アカデミー賞あげて欲しかったな。。
[PR]
by orchidgirl | 2007-05-13 17:45 | ◆ 映画 ◆


<< 【インハーシューズ】 ♡気分♡ ↑↑♡ ~~~ ☆原... >>