カテゴリ:Italia/Singapore発( 10 )
早起きをして・・・【ヴァティカン美術館】へ~最終日。

e0097139_18433937.jpg

4日目は、早起きをして、朝食を済ませ、【ヴァティカン美術館】へ。 (ガイドブックの”読者の声”と言うのを読んだら、朝一番で行くと空いていて良く観ることが出来る。って書いてあったので) タクシーで、朝8時に到着~(^。^) やった~2番♪ と、ワクワク楽しみ。 
ここへ来るのは、3度目。毎回、入るのもすっごく並んで(入場制限あり)、観るのもすっごく並ぶので、ゆっくり絵を見るのが大変。なので、「今日はゆっくり観れるな~」と思い。。♪ 
ところがー!
ひどいのなんのって!なんと、開館5分を過ぎてぞろぞろと来た、ツアーの団体客を先にどんどん入れていくのっ!何組も何組もっ! 「え?どういうことっ!?」と思って、一緒に並んでいたおじさんとかと係りのオジサンに聞いたところ、なんと、いつも団体客を入れてから、個人客を入れると言うこと!(-"-) ひどい、ひどすぎる、、 後に並んでる人たちは、入り口が見えない位置に並ばされてるから、きっと何も知らないで並んでるんだろうなぁ。。私たちも早く来てしまったばっかりに、、そんな理不尽なこと~(T_T)、時間は損したし!あ~(涙)

e0097139_193264.jpg
でも、観たい絵も観たかった天井画などなど、混んでいるので時間は限られてしまいながらも、
堪能・・・

e0097139_23113528.jpg
               そして、その後は、【サン・ピエトロ大聖堂】へ

e0097139_23511076.jpg
                    大聖堂を守る【スイスの衛兵】

e0097139_013838.jpg
       まずは、右側裏手のクーポラ入り口から、エレベータと螺旋階段を上り、【クーポラ】へ 

e0097139_2353851.jpg
真下の円形の広場は、【サン・ピエトロ広場】 ここからは、ローマが一望出来、コロッセオは右奥に見える。。

e0097139_9473195.jpge0097139_950792.jpg
そして帰りは、寺院内へ続く螺旋階段を下りて・・・大聖堂のクーポラ(左)と、大聖堂入り口の
ミケランジェロのピエタ】一度、銃弾で襲われそうになってからは、『防弾ガラス』で周りを囲われてしまった。。とても優しい顔をした聖母マリア。。

e0097139_9561775.jpg
朝早く来ると、礼拝があり賛美歌が聞けて、大聖堂内に反響する声に、鳥肌たちするほど感動する。。 この日は、翌日の集会の用意が行われていて、入り口には、赤いテント、広場には椅子が並べられ、準備が進められていた。

e0097139_10311551.jpg
そして、ランチを取った後、【ヴァティカン】から、真横(左)に、0.5km離れたところに在る、
サンタンジェロ城】へ。「聖天使」と言う名前と、円形の一見可愛らしいお城なのに、360度見渡せることや、【ヴァティカン】から近く利便が良いことなどから【要塞】として使われた歴史(城壁に四角い穴が在り、そこから大砲を撃ち、お城を守ったとのこと)や、ペストが大流行したときに、ここに逃げ、助かったとか、様々な歴史の有るお城。テヴェレ川に掛かった正面の橋を渡って入る。。

e0097139_1053691.jpg
               お城の上には、大天使【聖ミカエル】の像。

e0097139_10513257.jpg
聖ミカエル】の像の下にはテラスが在り、テヴェレ川、【サン・ピエトロ大聖堂】、【コロッセオ】
【ヴェネツィア宮殿】など、ローマの街が一望出来る。

e0097139_10563222.jpge0097139_1055792.jpg
そしてその後は、【ポポロ広場】へ。 ここはローマへの北の玄関口。そこには、【双子の教会】が。(有名なオベリスクも在る。←写真が見つからず。。^^;)

e0097139_10592977.jpg
一度、ホテルに戻り、休憩をした後、すぐ近くの【蜂の噴水】へ。(冷たい地下水が湧き出ていて、時折、道行く人が喉を潤したり、ペットボトルに入れて行ったりしている。)

e0097139_1171074.jpg
            最後は【バルベリーニ広場】に在る、【トリトーネの噴水

そして、4日目も終わり・・・5日目には、Singaporeへ帰途についたのでした。。

久しぶりのイタリア。。リラがユーロになって、レストランやバールでも2~3倍の値段になっていたし、イタリアンブランドのものも、3倍以上の値段になっていて、日本で購入してもretax分くらいしか変わらないんじゃないのかな?と思うくらい物価が上がっていたのが、とても残念。。
それと・・・
かなり誰もが英語を話す様になっていて、イタリア語だけしか通じなかった頃がちょっと懐かしかったりしました。。^^*
イタリア、まだまだ行ってないところが沢山有って・・・またゆっくり行きたいな。と思うところの
ひとつ・・・☆  VIVA ITALIA !!
[PR]
by orchidgirl | 2007-03-08 19:05 | Italia/Singapore発
フォロロマーノへ~ 【後編】
フォロロマーノ】から、【カンピドーリオの丘】方面へ、古い石の階段をえっちらおっちら、持ってきたミネラルウォーターを飲みながら、上って行くと、もうヘトヘトで、喉もカラカラ!でも、もうボトルの水は空。「あ~お水が飲みたいっ!!」っと、思ったら、階段を上りきったところに、売店が♪凍らせたミネラルウォーターは、飛ぶように売れていて。。
でも~飲もうと思っても凍り過ぎてて中々飲めないっ。(>_<)

と、ちょっと休憩していると、何人かが、私たちの斜め頭上にカメラを向けているので、「?」と思い見上げてみたら・・・「あ~!!こんなところに在ったのね~~」とやっと見つけた。。ローマを創ったとされる【オオカミに育てられた双子の兄弟】の彫像。ローマの名前の起源でも有る像。
e0097139_1422325.jpg
私は、ず~っと同じものが東京・日比谷公園に在るというのを知らなくって、数年前に、ローマのスペイン階段の右端に在るHホテルの元バーマンSignor Rと、帝○ホテルで再会(Signor Rは、ルーフトップレストランになったシェフのFと、数年前まで在ったイタリアンレストランに招かれてて)して、友人たちと食事をした後、お散歩に行き、彼から初めて場所と由来を教えてもらった。こんな目立たないところにあるなんて・・・偶然に見ることが出来て感激。


e0097139_1417598.jpg
そして表にまわって、ミケランジェロ設計のカンピドーリオ広場】へ。後正面は、【市庁舎】。そして右側には、【コンセルバトーリ宮殿】(美術館)、左側には、【カピトリーノ宮殿】(美術館)が在り、【カンピドーリオ広場】を囲む様に設計されている。(その奥のサンタ・マリア・イン・アラコエリ教会で、おトイレをお借り出来、とても素晴らしい教会だったので見学もさせて頂いた。。)そしてここ一帯【カンピドーリオの丘】から眺める夕日と、その下に広がる【フォロロマーノ】は、とてもとても素敵らしい☆らしいのだけど・・・時間が合わなく残念ながら、先へ。。

e0097139_14233730.jpg
すぐ向かいの【ベネツィア広場】近くだと大きすぎて写真に納まらない。。右下の人々と対比すると大きさが判る感じかな。。


e0097139_14404647.jpgそしてまた、てくてく歩いて、【真実の口】の在る、
【サンタ・マリア・イン・コスメディン教会】へ。

初めて来たときは、なかなか見つからなかった。ほど、かなり地味な教会。ということを思い出して、今回は、迷わずに到着♪ どこの国の観光客も手を口に入れて記念写真を撮っていて、列が出来ていた。
私たちも順番を待って、記念写真。(笑)

ここに手を入れて挟まれるほど大きい手の人って、いないよね。。(笑)

この後行く予定だった、【カラカラ大浴場跡】。 夏はここでオペラが催されたりする大きな大浴場跡。子供の頃、少女マンガで、【カラカラ大浴場】が出てきて、それからずっと「いつかは行ってみたい」ところのひとつだったので、初めてローマに来た時に初めて来て、とても感動したので、今回初めて来た夫にも行ってもらいたかったんだけど、時間が無くなってしまったのと、歩きつかれて、ヘトヘトになってしまったので、断念。。ローマは本当に観るところ(観たいところ)が、
沢山在って・・・何度も来ないと観きれない。。(^-^)
[PR]
by orchidgirl | 2007-03-08 19:03 | Italia/Singapore発
フォロロマーノへ~ 【前編】
e0097139_1635768.jpg
3日目も、出来るだけ歩いて、【コロッセオ】~【フォロロマーノ】~【真実の口】辺りを観てまわる予定♪ということで・・・タクシーで(出発点までは、手っ取り早く。^^;)、【コロッセオ】まで♪ 
途中、車の中から見えた【べネツィア広場】を窓越しにパチリ☆とは言っても、この建物、ほとんどが紀元前のものと言うローマでは、とても新しく、↑西暦1900年に入って完成されたもの。

そして到着した、【コロッセオ】 この写真だと大きさが伝わらないのが残念。。(/_;)e0097139_16352085.jpge0097139_165289.jpg
以前来たときには無かったのに、2階にはミュージアムが出来ていたので、チケットを買って入ってみた。
e0097139_1659688.jpge0097139_16592459.jpg
隣に建つ【コンスタンティヌス帝の凱旋門】 パリの凱旋門はこれを真似て建てられた。)とこの後に行く、【フォロロマーノ】しばし、悠久のときを思い・・・
e0097139_1742434.jpge0097139_1744779.jpge0097139_1752195.jpg

そして、歩いて【フォロロマーノ】へ・・・
e0097139_1455286.jpgまずは、【フォロロマーノ】を見下ろす、パラティーノの丘から・・・眼下に広がる、紀元前の『夢の跡』・・・e0097139_1753231.jpg

e0097139_171122100.jpge0097139_1738538.jpg
馬場跡 と フォカスの記念碑。ゴート族などに、大理石やモザイクなど強奪されたり、壊されてしまって、今では柱しか残っていない様な宮殿跡があちこちに。。
e0097139_17524063.jpge0097139_1864919.jpg

e0097139_17565513.jpge0097139_1758286.jpg
ここは比較的柱がたくさん残る宮殿跡。       そして、【ベスタの宮殿】この頃、ここに生まれていたとしたら、どんな人生だったんだろう?なんて考えたりして。。

e0097139_1861523.jpge0097139_1410038.jpg
前に来たときは、柵など無かったのに、いつの間にか柵で区切られていて、中に入ったりすることは出来なくなってしまっていた。。

e0097139_173451.jpge0097139_1736313.jpg









元老院】前とその中。『ブルータスお前もか』と、暗殺されてシーザーが倒れたところには銅像が。。


More
[PR]
by orchidgirl | 2007-03-05 22:55 | Italia/Singapore発
【花の都】フィレンツェ~【永遠の都】ローマへ☆
ほぼ一ヶ月近くも経ってしまってたなんて(>_<)・・・のイタリア旅行記。一応完璧を目指す?A型ゆえ、最後までupします。。
(自己満足でゴメンナサイ。。m(__)m)      では、駆け足で・・・参ります。(^^)/~~~

*******
フィレンツェに1泊した後、ユーロスターで、今回のイタリア旅行の最終地ローマへ。

ここローマでは、フォロロマーノやコロッセオ、カラカッラ大浴場跡、パンテオン、トレビの泉・・・etc 古代遺跡や名所、バチカンとバチカン美術館へも行きたい♪それに・・・はずせないShopping♪
他にも行きたい&観たいところはたくさん!!あるけど、4泊だとこれくらいかな。。

駅からタクシーで、 予約していた【ホテル・EXECUTIVE】へ♪

e0097139_2321070.jpg「階下がリノベーション中だから」と言うことで、お部屋をupグレードしてくれて、
お部屋は、ちょっとしたポーチ付き♪
ベットルームに面してるので日差しが入って気持ち良いし、
バスルームもポーチに面しているので、気持ちが良い♪

お部屋の椅子を持ち出して本を読むのも良いかも♪

(と思いつつ、そんな時間はなく・・・)

お部屋をチェックして、荷物も届いたので、早速、コンデット通りへお買い物下見&軽くお散歩へ♪

e0097139_23361941.jpg
ホテルから大通りへ出てタクシーに乗って・・・今も城壁が残ってて・・・

「ローマへ来たな~」って感じ・・・

2日目は、パンテオン、ナボーナ広場、トレビの泉、スペイン広場へ♪
e0097139_23403994.jpge0097139_2345985.jpg
e0097139_23474232.jpg e0097139_23482658.jpg

e0097139_23513757.jpg紀元前から建っているとは思えない・・・様なパンテオン。 

中には、ラファエロの霊廟も。
e0097139_2352232.jpg e0097139_003319.jpge0097139_005070.jpg

コロッセオから歩いて、トレビの泉へ・・・
e0097139_0103121.jpge0097139_0104721.jpg

e0097139_16455447.jpge0097139_16471569.jpg

e0097139_0141826.jpge0097139_016742.jpg
            トレビの泉では、お決まりの【ジェラート】 美味しかった♪

e0097139_151163.jpge0097139_024039.jpg
その後は、歩いてスペイン広場へ・・・

★☆★☆★ ★☆★☆★ ★☆★☆★

e0097139_0312253.jpgこの日の夕食は・・・
コンラッド通りのGUCCIの店員さん
(男性・イタリア人)に教えてもらった・・・
ここ←【La Rampa ラ・ランパ】で♪ 
その店員さん、9カ国語を話せて、書けて・・・人間が好きなので、どこへ行ってもコミュニケーション取れる様に。と独学なんだそうで、日本語もペラペラで(日本では、「”ザンギョー(残業)商会”と言われてる”○ンヨー商会に勤めてました」って、オヤジギャグ?まで(笑))名刺の裏に【折れそうなくらい別れはつらい】とちょっと意味不明?でもあるメッセージとお店までの地図も書いてくれた・・・
GUCCIからスペイン広場まで出たら右へ行き、【AMEX】を左に入ってすぐ♪
まだお店は開店前だったので、場所と
開店時間をを確認してから、
一度ホテルへ戻り荷物を置いて、開店時間に合わせてレストランへ♪

開店直ぐに行ったんだけど、もうお店はほぼ満席で、一番外側のオープンエアの席へ通され。。
その後は直ぐに行列でした。★ここのお勧めは1皿10ユーロの前菜のヴュッフェって、GUCCIの店員さんに教えてもらっていたので、オーダーしたら、本当にすごい種類の多さとボリューム♪
『これだけでお腹がいっぱいになるよ』って教えてもらったとおり!!美味しかった~♪ 
白ワインをオーダーしたつもりが・・・スプマンテ(イタリアのスパークリングワイン)・・・seccoだけど・・・
私のイタリア語ったらいったい・・・(;_:) がっくり・・・

[PR]
by orchidgirl | 2007-03-04 01:11 | Italia/Singapore発
早朝の【水の都】ヴェネツィア~【花の都】フィレンツェへ☆

e0097139_13123918.jpg


e0097139_13185183.jpg朝食は、ホテルの、Canal沿いのテラスで♪丁度(↑上の写真の)、白い幌(テント)の部分が、テラスレストラン♪
←テーブル席から上を見ると透き通った青空♪
朝食メニューは、イタリアには珍しく、コンチネンタルブレックファスト♪(イタリアのホテルは、ほとんどパン・デニッシュ類とカプチーノ。それに、チーズやヨーグルトなどが付く位)
ここは、メニューも豊富で、ビーフン?の様なチャイニーズ系も有って、ちょっとびっくり。ここのソフトサラミとっても美味しかった♪


e0097139_13244960.jpg←後は、列車の駅【サンタルチア駅】。

ヴェネツィアで、大きくてキレイなコインランドリーをみつけたので、お洗濯に行ってみたら、なんだか『ヴェネツィア』で、生活してる気分♪が味わえて、楽しかった♪^^*

路地を散策しているだけでも、どこもかしこも物語を感じてとても素敵☆、『旅情』や『ベニスに死す』なんかの映画の舞台ってここかな?とか、
迷路の様な道に迷いながら、歴史を感じる寺院や美術館を観て廻ったり、お店を見て廻ったり・・・夜はサンマルコ広場の【無料】生演奏を聞いたり・・・タクシーも電車も無いヴェネツィアで、たくさん歩いて、たくさん食べて♪あっという間の3日間でした。

★★★☆☆☆ 美味しいレストラン ☆☆☆★★★
【OSTARIA AL 4(quatro) FERI】
Calle Lunga S. Barnaba Dorsoduro (Campo S. Barbaba近く)
tel & fax: 041-520 6978


※ちょっと判りづらい小さな路地沿いに在る【四つのいかだの絵の看板】が目印。
ヴェネツィアの新鮮な魚貝類がとっても美味しかった、ヴェネツィアンに御用達のお店。
ここも、フェ○ガモの店員のヴェネツィアン娘に教えてもらったレストラン♪
店内は、ローカルのお客さんでいっぱい。^^* シーフードマリネは、その日に仕入れた新鮮な魚貝たっぷり♪レモンをきゅっと絞っただけで食べるんだけど、「すっごく!!美味しい!!!」
ボンゴレ・ビアンコは、これまた新鮮なあさりがたっぷりで美味しい~☆
女性だけでやってるレストランみたいで、厨房にも3人、そして、お料理ワインもお料理に良く合う
(リーズナブル)ワインを選んでくれるホールのウエイトレスさんも地元の女の子。
★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆☆★★★☆☆

4日目の朝は、早起きをして、チェックアウト。そして、午前6時の列車(ユーロスター)に乗って、
次の目的地、フィレンツェまで♪(フィレンツェには、1泊の予定なので、早めに出発。)
3時間ほどで、フィレンツェに到着。ホテルに荷物を預かってもらって、早速~♪
【花の都・フィレンツェ】♪(・・・そうそう、ヴェネツィアは、【水の都】)
e0097139_1340841.jpg
                  黄金に輝く・・・◇天国のドア(扉)◇

◇ドゥオモ◇ と・・・                   ◇ジョットの鐘楼◇e0097139_13423199.jpge0097139_13425153.jpg
過去来るたびに交互に2度ずつ、どちらも展望台まで階段を上ってみたけど、少しだけ高い?と思われる、ドゥオモ。だけど、上っていて「キツイ」と感じるのは、ジョットの鐘楼の方だった、階段の高さが違うのかな???
e0097139_13454357.jpge0097139_13464668.jpg










今回は、絶対に【ドゥオモ】のクーポラに彼と上って、
【情熱と冷静のあいだ】に出てくる『ここにカップルで上ると永遠の愛が約束される』と言う、のを相手は、
残念ながら竹野内くんじゃないけどウチの夫と
気分を
味わおうかな~^,^*
なんて、密かに思って・・・。
「絶対に上らないからな!」と断固・拒否!状態の夫を騙し騙し
、ドゥオモの中に誘い込み。 更に、クーポラへの人一人通れるだけで、片道だけの階段を上ることに、成功。 
しかし!クーポラに出たところで、
なんだ、高いじゃないか!」(←今、気づいたのか?!)「俺は、もう降りるからな!
写真くらい撮ろうよー!!と言っても、「ひとりで撮って来いよ」って、さっさと降りてしまい・・・失敗に終り・・・。「何の為に上ったのよ~~~(;_:)」って感じ。。


気を取り直して、お買い物へ♪ 
◇ポンテベッキオ◇(ポンテ=橋、ベッキオ=古い)と言う、両端に、基貴金属のお店が並ぶ、古い箱型の橋。 カメオやイタリアらしいGoldアクセが多く、見てるだけでも面白いかも?!
e0097139_1348454.jpg


e0097139_13564524.jpge0097139_13524041.jpge0097139_13533790.jpg





そして、橋を渡って、◇ピッティ宮殿◇


e0097139_149291.jpg

宮殿内には、大好きなラファエロの聖母の絵が在ったり、ひろ~い庭園が散策(仕切れない)も出来る♪この庭園から眺める、ドゥオモは、綺麗♪
この後は、ウフィツィー美術館方面へ(美術館に入る場合は、前もって入場券を持ってないと混んでいて入れない。ここには、有名な、【ヴィーナス誕生】や数々の彫刻や絵画が収められていて、見ごたえ大。1日かけて観る感じ。

[PR]
by orchidgirl | 2007-02-08 23:10 | Italia/Singapore発
CANAL GRANDE 【大運河】~ホテル【PRINCIPE】~そして2日目

ゴンドラを乗るときは、まずは、このボーダー柄のTシャツのゴンドリエと値段交渉。。。(苦手!)
e0097139_16302240.jpg
(3回目に来たとき、白いシャツのゴンドリエに”安くするよ”と声をかけられて、値段交渉して乗ったら、15分くらいで”ひとり14,000円ほど取られた!(号泣)相場は、40分で一艘7000円くらい。 
ボーダー以外のゴンドリエは、いわゆる白タクなんだそう・・・(T_T))
この日は、ヴァボット(水上バス)に乗って・・・
e0097139_16415648.jpg
CANAL GRANDEを 【サンタルチア駅】方面へ登って行く・・・両側には、様々な宮殿が♪

e0097139_16454419.jpge0097139_1647445.jpg
左側にこのBUS STOPが見えてきたら、ホテルはもうすぐ♪ 右側がホテル【PRINCIPE】
e0097139_16492175.jpg
ここに泊まりま~す☆☆(残念ながら、CANAL側のお部屋じゃないけど。。*^^*)

*****************************************************
この日の夕食は、ホテルの近く・・・(一番最初に来たときもここへ来た)のレストラン、
Al Brindisi】(←レストランHP)で♪ ここは、リゾットが美味しい♪
場所も簡単。サンタルチア駅を出て左を行き、一番初めのCampo(広場)に面してます。
*****************************************************

2日目は、朝早起き(っと言うか、時差ぼけ??)をして、また別の道を辿って、お散歩♪
e0097139_16523769.jpg
「あれ↑が、『ピサの斜塔』だよ」って夫に言ったら、一瞬信じてしまった~♪(^_-)
でも、かなり傾いてる。。

             地元の食材屋さんのディスプレイ。
e0097139_1657654.jpg
             下から3番目の棚は、【日本食】コーナーみたい♪ 
お醤油はもちろん?お酢やみりんも在る。で、左側に在る「そうめん」が逆さま~!!(笑) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アカデミア橋の上から観る【サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会】の麗しい姿☆☆☆
e0097139_1755395.jpg
e0097139_1775248.jpg

ぐるっと一周してるうちに・・・お買い物も♪楽しい~~♪♪一度ホテルに戻って・・・夕食へ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕食の前に☆
スプマンテ(シャンパン)と桃のネクターのカクテル  【Harry's Bar】で、食前酒を楽しんだ後は、
【ベリーニ】発祥のバー【ハーリーズ・バー】で♪    夕食へ。昼間、彼が靴を買ったフェラガモの                               
ベリーニは、ピンクと言うよりオレンジ色。        ベネツィアンっ子の店員さんに教えてもらった
(一気飲み済。^^;)                      ピッツェリア【BIRRERIA】
e0097139_17101894.jpge0097139_17135538.jpg
ウエイターさんは、初老の蝶ネクタイの紳士。             焼きたてPizzaは、とっても美味♪
お客様も、着飾ったSignore e Signori・・・♡     種類も豊富で、チーズはモッツァレッラ♪
(半ズボンやサンダル履きは、入れません。         【Add】S.POLO アカデミア橋近く。
私たちも、こんな格好で・・・ギリギリ・セーフ?!^^;)    オープン・エアで。

e0097139_17203532.jpg夜、夕食後にぶらぶらお散歩&
ウィンドーショッピングをしながら、サンマルコ広場へ行ってみたら、ベネツィア映画祭の準備中でした。。
レーザー光線や音楽で、全く違った感じ!
本来なら、各BARが、生演奏で楽しませてくれてるのにな~
(>_<)


[PR]
by orchidgirl | 2007-01-29 23:29 | Italia/Singapore発
ベネツィア散策 ~サンマルコ広場まで~
e0097139_17423173.jpg
かれこれ1時間以上は歩いて・・・あ~見えてきた♪ 見覚えの在る塔ー!!目的地はもうすぐ!!

e0097139_17485175.jpge0097139_1751289.jpgついに・・・
到着~☆

【サンマルコ広場】

e0097139_17532819.jpg
かつて、ここを訪れた・・・過去4回共、修復中だったので、修復完成の【サンマルコ寺院】を観るのは、これが初めて!!

e0097139_17565368.jpge0097139_181126.jpg
                  美しく修復された フレスコ画・・・
e0097139_1852752.jpg
ベネツィアのシンボル【翼のあるライオン】その下には、【ブロンズの四頭の馬】一時はナポレオンによってフランスに持ち去られたが、それをまた取り戻して・・・ここに戻って来た。これは、レプリカで、中に入ると本物が置かれている。

e0097139_1883011.jpge0097139_1891514.jpg
イタリア国旗とべネツィア(県)の旗が     こちらは、【大鐘楼】
朝~午後4時まで掲げられるところ。    ここにもシンボルの翼のライオン♪
先端に 天使がいる♪            この上には、資料館があり、鐘のあるところまで
                         登れるんだけど・・・高度の高所恐怖症の夫。

e0097139_23205575.jpg
隣は、【ドカーレ宮殿】・・・中も見学が出来、荘厳な装飾品とフレスコ画・天井画に圧倒される。

e0097139_23272929.jpg
【ため息の橋】・・・左側の【ドカーレ宮殿】から、この橋を渡って・・・牢獄へ続いている橋。
囚人がここを渡るときに外を眺めてため息をついたことから、この名前が付いたってことだけど、宮殿と牢獄がこんな橋で繋がっているなんて・・・。右側の牢獄もそのままになっていて、観光することが出来ます。ここから、かの【カサノバ】も過ごして・・・脱獄をしたのよね。。なんて思いを馳せる・・・

e0097139_23332783.jpg
ひとまず・・・ヴァボット(水上バス)に乗って、ホテルへ戻ることに・・・。停留所と水上タクシー。

e0097139_23362133.jpg
ゴンドラと遠くに見えるのが、元税関だった島、アドリア海。ヴェネツィアらしい風景をパチリ♪
[PR]
by orchidgirl | 2007-01-23 23:51 | Italia/Singapore発
ベネツィア到着ーヽ(*^o^*)/~~~~~~

e0097139_2321346.jpge0097139_23223793.jpg
イタリア・ミラノのマルペンサ空港に到着した後、「世界の車窓から」の様な、車内アナウンスもなく、駅を静かに発着した後は、新幹線並み(?)の速度でひたすらイタリアを縦断する様に走っている、ユーロスターに乗り換え、3時間ほど。。ラグーナが見え始めたので、コンパートメントを出て、通路に立つと、車窓(長距離を走ってるため、汚れてる・・・)越しに、見えてきた・・・「ヴェネツィア」!!

e0097139_23342986.jpg海の上の架線を走るユーロスターをカモメたちがお出迎えしてくれてる♪駅に着いて改札を抜けると、そこは「一大テーマパーク?!」と言う感じで、初めて着たときはとーーーっても感動したけど、何度来てもまた違った感動~☆くらっとしてしまうほど強い日差しと駅の名前でもある誰かが歌う「サンタルチア」が聞こえて来たり、ざわついた港町の様な喧騒と・・・


ベネツィアで宿泊するホテルは、駅を出て直ぐに左、30mほどで到着♪
チェックインをして部屋に案内されたら、リクエストしていたCANAL側の部屋じゃないじゃん!(;_:)
一応、フロントにクレイムしてみたけど、「満室」とのこと・・・。
夫が、「だいたい、イタリア人からしたら、東洋人にサービスするよりもヨーロピアン優先にするに決まってんじゃん!」「それより、部屋は綺麗で広さも充分で快適だから良いじゃん!」と言うので、「それもそうだ。」と早速、外へ繰り出すことに♪
e0097139_23412181.jpg
e0097139_2359540.jpg

     迷路の様な路地を【⇒】を辿りながら「サンマルコ広場」を目指して~ひたすら歩く♪
e0097139_02283.jpg

                途中、あちこちで寄り道しながら~♪
e0097139_044054.jpg

                ちょっと「すごろく」のコマになった感じ♪
e0097139_053849.jpg

                両側は、お店が並ぶ橋・・・「リアルト橋」




More
[PR]
by orchidgirl | 2007-01-20 00:17 | Italia/Singapore発
itinerary & booking
e0097139_16425150.jpgイタリア=買い物。
と私が思っていると思っていた感200%(まぁ、当たらずとも遠からず。(笑)
v^^)だった夫。
それに、なんか イタリア=ミーハーっぽいイメージが有ったらしいんだけど。それに加え、旅行は、「ふらっと行く」のがbestと言う夫。っていうか
前もって、手配とか面倒ってタイプでもあるし。そもそも、「行きたい」と言ってる私が手配するべきで、「全部任せるから、BOOKINGしておいて」って、日本―Singapore間を往復していたときに使っていたエージェントの電話番号と名前を教えてくれた。 「おーけー♡」 
これまで独身時代の【下見旅行】では、いーつもリーズナブルホテルだったし~やっと、本番!! あの憧れのホテルに泊まってみたいな~~~♡ なんて、ワクワクしながら購入したのが、このガイドブック。

しかし、【セレブ~】とだけあって、かなり高いホテルしか載ってないので、却下
で、
【ルート】 。。
ヴェネツィアは、mustで、あとは・・・
一度も南に行ったことが無いので、ジェノバ
(仕事で書類上では良く知ってるし、代理店もいるのに行ったことがない)・ナポリ・ポルトフィーノ・シチリアへも行ってみたい・・・。
だけど、やーっぱり、久々のイタリア♡ 
お買い物もしたいもんね~~~☆☆☆ と言う事は、ローマも必至。

かといって彼のお休みはそれほど長く取れないし・・・う~む。。((+_+))

と色々と検討した結果、「ミラノ-ヴェネツィア-フィレンツェ-ローマ」に決定☆

【ホテル】 は、

ミラノ     ・・・0泊
ヴェネツィア ・・・3泊 ホテル・PRINCIPE】 CANALに面したホテル♪
フィレンツェ ・・・1泊  Hotel De La Pace】★★★のリーズナブルホテル♪
ローマ    ・・・4泊  ホテル・EXECUTIVE】★★★★のホテル♪

に決定ー☆

【フライト】 は、

ふつう日本からのアリタリアのフライトだと、8泊10日になるところ、
Singapore~、タイ航空(その年に丁度、「イタリア直行便就航」したばかりだったので、
プロモーションチケットがあった。)で、Bangkok経由、8泊11日。 に決定―☆
[PR]
by orchidgirl | 2007-01-19 18:08 | Italia/Singapore発
「Italia」 ~プロローグ~
イタリアへ初めて行ったのが、1994年9月。
(ついこのあいだ。の様な気がするけど、かれこれ・・・えーっ!?こんなに経ったんだ。。^^;)

同じ会社の女の子3人と社外の友達のともだちの計4人で、9月の連休+夏休み連続5日を使って、8泊10日の10日間+お疲れ休み1日。

e0097139_11311676.gif元、旅行会社で働いていた社内の友達が、フライト(アリタリア)・観光ルート・滞在ホテル・移動の列車(ユーロスター)・・・
すべてをアレンジしてくれたので、私は、ガイドブックを見て、
「ここに行きたい」と言う係。^^*

そんな感じで、個人旅行だけど、ツアーみたいな感覚で、【脇が甘かった!】んだと思うんだけど、のっけから(一番最初の滞在先・ミラノで)、ドゥオモに行った後、モンテナポレオーネ通りで、お買い物をして、地下鉄でホテルまで4人で帰る電車の中でひとりの友達が
【パスポート・お財布(クレジットカード&現金すべて)】すられてしまい、、



急いで、カード会社にはstopをかけて(心配させるからと家のヒトには言わずにいたのに、カードが家族会員だったとかで、帰ってみたら、バレバレ。だったらしい、帰国後、旅行保険で、全てカバーされたってこと)、現金は、仕方ないね。となったんだけど、
問題が、パスポート! 


①ミラノには領事館しかなくて、ローマに行かなくてはいけない。
②ルートが、ミラノ-ベェネツィア-フィレンツェ-ローマだった為、ミラノ-ローマ間往復しなくてはいけない。
③ローマで、日本大使館に行った日が、日本の祝日だった為、連絡取れず・・・
④ローマに着いたら、電車もバスもトラムも全てスト!
⑤持って行ったガイドブックの「日本大使館」の電話番号が間違っていた!
 

など等・・・

そのことで後々、様々な問題勃発してしまったんだけど、


何はともあれ、「失くしました」と、警察に届けて、証明書をもらわなくてはいけない。ってことで、すられてしまった子と元旅行会社勤務の友達は、ミラノの警察へ

e0097139_18461156.jpg(元旅行会社勤務だった友達が、もって行った、【ひとり歩きのイタリア語自遊自在】がすんごく重宝!したらしい。【Ho perso il passapoto】と書かれてるページはボロボロ。とか。^^;

(もちろん、私も帰国後購入して、翌年~のイタリア旅行に望みました。v^^*)

そして、私と友達のともだちの2名二組にわかれ・・・
初日から、2名づつに分かれての「イタリア旅行」。。

後で、日本へ帰国するだけなら、パスポートじゃなくても、直ぐに取得出来る「渡航書」で良い。ってことを知るんだけど・・・4人で行ったのに、ふたりづつの旅になったり、合流したり・・・
「ボーっ」とついて行くだけの旅行から一変、私たちふたりは、ローマを往復することになった友達の分のスーツケースを持ちつつ移動・・・etc。 
今でこそ笑い話になったけど、【私たちに明日は在るのか?!】と泣きたくなるほど(実際、「あのとき、どちらかが泣いてたら、二人とも泣いてたよね。」って、後日、そのときの友達とは打ち開けあった。^^*)それまで、大変な旅。でした。


でも・・・
[PR]
by orchidgirl | 2007-01-18 18:45 | Italia/Singapore発