今思うこと・・・ <長文>
この2年間、「この期間を ロングバケーション」だと思って過ごそう。

と思って、なるべく、生活基盤を作らない様に、過ごして来た。

それでも、1年目は、Singaporeでやっていた習い事を東京でも続けていたりしたんだけど、
義理母のアドバイスもあって、「Singaporeへ戻ったらまた始めよう」と思い、ネットを通してのレッスンだけにして。

そして、夫が半年ごとに、「Singaporeへ行って来たら?」と言ってくれて・・・

お言葉に甘えて、ちょくちょく1人でSingaporeへ行かせてもらって。
(でも、さすがに、昨年は、7月に一度だけに。)

そして、その度に、「あと~日だね」と友達と会ってはカウントダウンをして、
「早く戻って来てね!!」「うん、待っててね!!」と同年代の友達と・・・
「もし、hubbyの会社が、約束どおり(Singaporeへ)戻してくれなかったら、
must change job lah!!」と色々と面倒をみてくれて、遊んでくれてたお友達
(年上マダム)から言われて、
「うん、OK!!」って言ってたんだけど・・・・・
ほ~んとに、そうなると思わなかった。(笑)

もちろん、夫もSingaporeの同僚たちから、「あと~日だね」とオフィスのホワイトボードで
カウントダウンもしてもらっていて、
また一緒に働くことを熱望してもらっていた。。

本当に、「今年の夏はSingaporeへ戻れるね!!」と夫とふたりで楽しみにして来た。

だから、今回の赴任の話が『延期になるかも』と聞いたときは、ふたりで「え?!」と絶句して、
6月にSingaporeから出張で来た元同僚に、「そっちの動向はどう?」と、こっそり偵察してもらったりして情報収集した結果、どうやら、『延期』が本当になりそうで、、


e0097139_22392821.jpg私はもちろん、
「充電中♪」とか言って、
今のこの何もしない生活=【ロングバケーション】
の言い訳がなりたたなくなってしまう!
「このままじゃいけないよな・・・」と焦ったし、友達に会えないのが寂しい~と思ったり。



でも、夫の方がきっとその何十倍も何百倍も落胆したんじゃないかな。。

私だったら、どんと落ち込むと思うから。


だけど、「今のままで良いよ、別に何も変える必要ないよ」と、言ってくれたり、私を励まして?くれてた・・・
そして、「焦って間違った選択をしては元も子も無いから焦るつもりは無いけど、これから転職も考えてみる」と言い出し、ネットで色々と調べ始めていたら、

以前、日本へ帰国するときにも「良かったら、うち(の会社)で、一緒に働かないか?」と
声をかけてくれて、半年前にもわざわざ携帯に電話をくれて、「Singapore赴任の件はどう?」と、気にかけてくれていた、昔、仕事を通じて仲良くなった方から偶然にも連絡があり、

「それが~」と状況を話すと、「じゃあ、是非、うちにきて一緒に働く事を考えてみて欲しい」と
言われて、何度も電話で話を聞くうちに・・・

夫もその気になって来た様で、

「(そのSingaporeの会社へ)転職をしたら、おれも job hopの仲間入り!!だな~」
なんて、冗談めいて言っていたんだけど、

それから色々とあり・・・・・
二転三転(今の会社から、赴任時期について提示があったりとか、色々)、しつつも、

結局、

夫は、そのオファーをしてくれている会社で働くほうが、
今の会社にいるよりもずっとやりがいがある!!と 転職をすることに決めました。

オファーの内容も想像していたよりもずっと良く、何より、しょっちゅう連絡をくれて、
本当に一緒に働こう!!と言う気持ちが伝わってきて、
いわゆる外資なので、結果を出せないときは・・・というリスクはあるけど、
「やってみたい」と思う。

”赴任(駐在員)で行くと、税金や家賃はもちろん、車も与えられるし、健康保険も付くし、
食費と光熱費以外は全て会社が負担してくれるし、色々な手配も会社がやってくれる。
それに、何年後かには、また、東京へ戻れる。”

そういうのが無くなるけど、良いかな?と夫に相談され、色々と(一番は両親のこと)
悩んだり、考えたりしたけど、その度に夫と話し合って・・・

現地採用として行くのと、駐在員として行くのとでは、責任も心構えも違ってくるけど、
そんな色んなあるかわからないリスクを心配するよりも、

「夫がやりがいを感じて仕事が出来る」ということが、一番大事なこと。

それには、今の夫の年齢がベスト(であるラスト)チャンスなのかもしれないね。
それに、こういうタイミングでそういう話が舞い込むのは、「この波に乗れ」と言うことなんじゃ
ないかと思うんだよ。と夫も言うので、ふたりで決めました。

そうとなったら、今度は、私の両親へ報告と言うか、なんというか・・・
「寂しい」と本当に落ち込まれてしまうのが想像されたので、
(母は、10年程前、私が1人暮らしをすると言うと、毎日泣いてて(信じられる?!)、
挙句の果てには、病気になってしまって!入院と手術、そして、そのショックから、不眠とうつ病になり、その後もふたつも大病をしてしまった!そして、父も母と入れ替わりで、帯状疱疹になってしまったりしてしまった!
だけど、今は、父も母もふたりとも、本当にとっても元気!!!
これも、夫のお陰☆だと思う)

まずは、夫の両親に報告。
こちらは、「それは、事後報告か?相談か?頑張れよ。と背中を押して欲しいのか?それとも、止めろ。と引き止めて欲しいのか、どっちだ?」と義理父。
「もちろん、決めたので報告です」と言うと
「だったら、頑張れ。親として応援する」と言ってくれた。 むしろ、そうなると家も近くなるな。
と喜んでくれたし。

そして、超・難関とも言える私の両親にも直接言う前に、ワンクッションおいて電話で・・・
と、母に昼間、電話をしたところ、あれ?と拍子抜けするくらいあっさり、
「そうなの?寂しくなるけど、○○ちゃん(夫のこと)が、やりがい有るほうが大切だもんね」
とのことで、ホッとしたんだけど、

次の日、母から電話があり、やはり・・・

「その会社(Singaporeの)は、大丈夫なの?」とか、
「もう帰ってこないの?」とか、
「もう、昨日はパパなんて食欲無くしちゃって、元気無くなっちゃったわよ。ママもやっぱり寂しいわ」と・・・・・

だけど、先日の三連休に実家へ行き、夫が色々と話をして、
今度の会社のことや、今後の生活のこと、etc・・・
そして、「3ヶ月に一度くらいは、実家に帰れる様にしますから」とか、
「いつでも遊びに来て下さい」とか、
夫が両親を安心させてくれて。

その上?!

《やっと夏休みも決めることが出来るので、赴任が決まったら直ぐに手配をしようと思っていて
「タヒチのボラボラに行きたいね!!」とふたりで話していたんだけど、
<値段が>高 --- い!から、今回は見送ることにして、
「どこに行こうか?」と相談していて、
しばらくHawaiiは遠くて行けなくなるから、Hawaiiとかは?と言うと、
夫は、釣りをして後は、ビーチでのんびりしたい。と言うので、
じゃあ、今度は、ハレクラニ辺りででのんびりしようよ。と私が言うと、
ハワイ島やマウイなら良いけど、オアフだと私が、買い物に走るから、嫌とのこと・・・
そんな感じで、どこにするか決まっていなかったんだけど》

私の両親に、「これから夏休みの旅行を決めるんですけど、一緒に行きましょう」と
言ってくれて☆
私の両親は大喜び☆☆
で、

私以外の3名様は、「今まで、行ったことないところが良いよね~」と息投合!!!(汗)
で、

「オレは島が良いな~」と父。
「私も、【天国に一番近い島】に行ってみたい」と母。

「ああ、それなら、ニューカレドニアですよ!!そこにしましょう!!」と夫。

一緒に海外へ行くことで、少しでも東京-シンガポールも直ぐなんだ。と思ってもらえるかな。
と思って。夫は一緒に連れて行ってくれることにしたそうで。。

そんな気持ちがとっても嬉しいし、有りがたくて、感謝!!!!!!!!

そして、父も母もとても楽しみにしていて、私もとっても楽しみ☆☆☆

e0097139_16233526.jpg
                   リカちゃん↑in Hawaii


弟にも報告したら、「それって、移住になるのか?」と言うので、

「うん、そう言うことになるのかな・・・、寂しい?」って聞くと、

「まぁ、親父やお袋は寂しがると思うけど、どこにいても元気でいるのが一番だと思うから、
マメに電話をしてあげたり、帰って来てあげたりすれば良いんじゃないか?」って。

なんだか、その言葉が、今の私を、とっても安心させてくれたんだよね。。。


弟よ、「どうもありがとー!!!!!!!」
[PR]
by orchidgirl | 2007-07-20 20:08 | My Diary


<< 【きよし・旬菜しゃぶしゃぶ】 一歩前進。 >>