Blood Diamond<ブラッド・ダイヤモンド 2006年・英>
e0097139_15515311.jpg
ダイヤモンドを購入する際は“4つのC”をチェックすることが大切だと言われる。
color(カラー)
cut(カット)
clarity(透明度)
carat(カラット)
しかし、私たちがチェックすべきCが、実はもうひとつある。
それは、CONFLICT(争い)の、「C」――。

      ―― 以上、 映画パンフより 引用――

この映画を観るまで、【紛争ダイヤ】の存在はもとより、その言葉さえ知らなかったし、
キンバリープロセス(協定)】と言うのも聞いたことも無く、そういう協定が在ることさえも知らなかった。(日本が導入をしたのが2003年と、とても遅れてる)
(そして、多くの血や大切な命とひきかえにやっと結ばれたその協定でさえ、実際には、市場に出回っているダイヤの量と書類上の数字があっていない=機能していない。現実があるということも。)
 

予告編を見て、アクション主体の映画かな。と思ったけど、社会派の部分と上手く融合させてあり、中々見ごたえの在る映画でした。

以前、チェンマイのホテルのライブラリでDVDを観て、ショックを受けた、【ホテルルワンダ
字幕が無かったので、難しく、映像だけで伝わってくるものがとてつもなく重く、そして、疑問が沢山残っていたので、日本公開後、日本語字幕でもう一度DVDを観てみたものの、なぜ?こんな抗争が起き続けてるのか?が(不勉強で恥ずかしながら)、わからなかった。

それが、この映画【ブラッドダイヤモンド】を観ることによって(そのほんの断片に過ぎないのだろうけど)、「問題の根本がわかった。」と言うことだけでも、私にとって観る価値があった映画。

※ネット検索でみつけた【紛争ダイヤ】についてとても詳しく書かれていたサイト(メルマガ)
お茶の間から世界を変えよう】←映画のパンフよりも詳しく判りやすく書いてありました。

ブラッド・ダイヤモンド】←公式サイトリンク

観終わって、「もうダイヤモンドは買わない」と思ったものの。(どこのダイアモンド会社がモデルなのか?気になり調べて、絶対にここのは買わないわ!・・・この会社だけでは無いのだろうけど)
歯医者で使ってるタービンポイントなどの工業用ダイヤモンド、レコードの針などもそうだし、今やダイヤモンドは、一般生活の中ではかかせないもののひとつである。と言うこと。
そして、 ダイヤモンドに限らず、ゴールド・石油・象牙・・・etcも同じ問題をかかえてる。ということ。
そして、そのどれもが今の現代社会で必需品になってしまっているということ。などに、多くの問題(と矛盾に)があることに、あらためて、ショックを受けた。


e0097139_16304090.jpg
この映画のディカプリオの演技、とても良かったので、アカデミー賞あげて欲しかったな。。
[PR]
by orchidgirl | 2007-05-13 17:45 | ◆ 映画 ◆ | Comments(10)
Commented by happy-shippo at 2007-05-13 18:27
ディカプリオがあんまり好きじゃないので、何にもこの映画に対して知らなかったのですが、そんな内容の映画なんですね。
見てみようかな?ちょっとコワイな・・・
ダイヤとか、毛皮とか、こういった裏事情(?)を聞いちゃうと、
もう、絶対いらない!!って思いますよね。
(犬がいるので、ファー物はどうしても身につけられないのですが・・・)
確かに、歯医者のバーには「ダイヤモンドポイント」っていうのがあります。明日から、仕事中にジーッと見ちゃいそうですよ。

Commented by si-chans at 2007-05-14 05:58
ダイヤモンドを購入する際は“4つのC”をチェックすることが大切とあるので、いよいよダイヤを買うのかと誤解しました。もうひとつのCはCONFLICT(争い)でなく、COST(価格)だと思います。我が妻も、ダイヤの指輪をするのが夢です。
それはともかく、Blood Diamondの映画、観る価値がありそうですので、機会があれば映画館に行きます。
Commented by orchidgirl at 2007-05-14 12:12
◇まさちゃん
そうなの。 でも、この映画は基本的に娯楽映画なので、フィクションが半分(らしい)なので、
怖くなくみれると思います。
どんなことにも裏事情ってつきものだけど、本当に知ってしまうと(知らないといけないんだろうけど)、そう思うよね。
そうなんだよ、「ダイヤモンドポイント」も!
(関係ないけど、昨夜の夢が、なぜか?また歯科衛生士をやってる夢で、
印象が上手く取れない夢だったの・・・なんでだろ?!(笑))
Commented by orchidgirl at 2007-05-14 12:20
◇si-chansさん
なるほど!
まず、COSTありき!ですよね。(笑)確かに。
大英博物館の大きなダイヤに、色んな悲しい逸話が絶えないのは、
こういう事実もあったのでは?と思い、「ダイヤはいらない」と思いました。
と言っても、初めからそんな大きなものなんて買えませんが。(笑)

この映画、社会派(問題を取り入れた)娯楽映画ということなので、
元々こういう事実を知ってる方には、物足りない。と感じると思いますが、
その分、判りやすく、良かったです。
Commented by aag52543 at 2007-05-14 20:42
先月スタバで買ったコーヒー豆の「ルワンダ」。そんな大変な国だったんですね・・・。
ダイヤなんて関係ないわと思っていたら、確かに歯医者にはお世話になっているし
レコードもいっぱい持ってる(>_<)うぅ。。。
大英博物館に大きなダイヤが展示されてるんですか?ぜんぜん知りませんでした。
ロゼッタストーンやミイラは見たんですけどね。知らないことが多いです。
この映画は観てないけど、私もディカプリオにアカデミー賞あげてほしかったです。
Commented by orchidgirl at 2007-05-14 23:57
◇aag52543さん
私も、ルワンダや今回のシエラレオネは、映画を観て初めて知りました・・・。
「ルワンダ」のコーヒーは、それを買うことでルワンダ自体の経済が潤うから良いですよね。少しでも平和への手助けにもなりますよね。
私も。
ダイヤモンドって、普段付けられないし、価値もわからないので、
本気で「欲しい」とは思ったことなくて、でも、いつかは欲しいな。なんて、
思っていたんですが、やっぱりいらないな。って、思いました。(笑)
大英博物館って、植民地や他国から勝手に盗んできたものとかが集められた博物館だって言いますよね。 ダイヤは、小学生の頃、上野美術館か博物館に、”大英博物館展”を見に行ったときにミイラとかと一緒に見ました。

>この映画は観てないけど、私もディカプリオにアカデミー賞あげてほしかったです。

ですよね!!
Commented by onryou315 at 2007-05-18 09:20
こんにちは~
ネ!この映画観てディカプリオ見直しました
いい演技してましたよね
わたしもこの映画を観おわって
単純に「もうダイヤモンドは買わない」って思いました
世の中 きれいごとだけじゃ正義も埋もれてしまうだけなのかもしれない…って
複雑な気持ちになりました
ありがちの単純なストーリーなんだけれど
映画としてはよくできていましたネ^^
Commented by orchidgirl at 2007-05-18 19:36
◇onryouさん
こんにちわ~~
そうですよね!(あんなにノミネートされながら、受賞出来ないのが続いてて、
それでも、ひたむきに演技をしてる。。と言う感じも受けました。)
ディカプリオなかなか良かったですよね。

>世の中 きれいごとだけじゃ正義も埋もれてしまうだけなのかもしれない…って
複雑な気持ちになりました

本当にそう、ですよね。。
Commented by mar_cinema at 2007-05-22 00:02
orchidgirlさん、こんばんは。
この作品、少年ゲリラが印象に残っています・・・

大英博物館に行きましたが、さくって観て周ったので、
ダイヤは印象に残ってませんでしたが・・・
英国のえげつなさは、十分実感した覚えがあります。
(まぁ、10年前なんで、記憶も薄れてますが・・・)

アフリカネタだと、「ルワンダの涙」もありますが、
DVDは、まだ先っぽいですね。
Commented by orchidgirl at 2007-05-22 13:48
◇mar_cinemaさん
こんにちわ。
私もやはり、少年ゲリラ、とても印象に残っています・・・・・
パンフに書いてあったのですが、ハリウッド映画のバイオレンスシーンを見せて、
洗脳していた(いる?)みたいですね、、(映画のシーンにも有りましたが)
それを考えると、今、TVや映画で、そういうシーンが普通に目に入って来てる、、
良くない事件も増えてきてるその一端には、そういうことも関係しているのでは、、
と思ったりします、、

marさんも大英博物館へ行かれてるのですね。
私は「展」にしか行ったこと無いのですが、子供心に、何か魔法がかった(誘惑の)魔力?の様な怖さを感じたので。。きっと印象に残るはずなのですが・・・・もしかして、大英博物館のものではなかったのかしら?
とすこーし不安になってきました。(ふた昔ほど前なので・・・^.^*)


<< 【インハーシューズ】 ♡気分♡ ↑↑♡ ~~~ ☆原... >>